脱毛で生じる痛みは施術方法や箇所によって違います

女性は自分の肌を綺麗にするため脱毛をします。肌に生えている毛を処理することで、黒く見える部分がなくなってスッキリさせられるのがその理由です。脱毛するためには医療機関やエステサロンに行くことになりますが、施術方法によって通う機関が変わってくるので、まずどの方法で脱毛するかを決める必要があります。

 

脱毛方法を決める基準はいくつかありますが、どのくらいの痛みが出るかで選ぶ女性が多いです。人は誰でも痛い思いをしたくないので、施術の際に感じる痛みがどの程度なのか気になるからです。

 

脱毛方法の中でも光を肌に当てて脱毛するフラッシュ脱毛とレーザーを毛根に当てて機能を停止させるレーザー脱毛がありますが、後者のほうが強い痛みが生じます。そのため多くの女性は痛みが少ないフラッシュ脱毛がいいと考えます。

 

しかしレーザー脱毛で施術する場合、すべて強い痛みが生じるわけではありません。施術する場所によって出る痛みの強さは違います。具体的に見てみると一番強い痛みが生じるのはデリケートゾーンです。

 

この部位は神経がたくさん通っていて、外部からの刺激に敏感だからです。ひざや脇の下も比較的強い痛みを感じることが多いです。逆にあまり痛みを感じないのが顔、お腹、背中、胸などです。

 

キレイモの料金